月刊ニヒリスト

ニヒリストが日々あったことを綴るブログです。

「スーパー・サイズ・ミー2」を見た感想

スーパー・サイズ・ミー」で有名なモーガン・スパーロックの「スーパー・サイズ・ミー2」をさっき見た。前作では、当時から健康に悪いと言われていたマクドナルドのハンバーガーを一ヶ月間食べ続けると人体にどんな影響があるかを検証していたが、2では自らがファーストフード店(フレッシュなチキンバーガー店)を経営することで、どんな事実を知れるかというのを検証している。

 

まず、スパーロックは割と広い飼育場を借り、鶏を飼い始める。先に鶏を育て始めるのは、順番として正しいのかよく分からない。だって店舗やメニューや人員確保の準備に一年くらい掛かりそうだから、先に鶏の飼育を始めてしまうと、育ちすぎてしまうからだ。まあ、でも映画が時系列順に進んでいるとは言っていないので、整合性は取れていることにする。

 

鶏の飼育の過程で、スパーロックは養鶏業界の様々な裏の事実を知る。アメリカの鶏の99.7%?が大企業4社に独占されていること。その4社は全国の養鶏家を競わせ、養鶏家をランク付けする、「トーナメント方式」を採用していること。そして、一番低いランクの養鶏家は生活が成り立たないこと。大企業が恣意的に「トーナメント方式」を運用していること、が複数人の養鶏家のインタビューを通じて明かされる。

 

「大企業は独占している鶏を養鶏家に送り、養鶏家はそれを育て、精肉業者に納品する」

というのが映画を見て理解した鶏肉生産の流れなのだが、先述した大企業はトーナメントで優勝した養鶏家に、わざと質の悪い鶏を与えることで、作中では最下位までランクを下げさせている。また、企業はわざと養鶏家に高い機材を買わせることで、借金まみれにさせる。これらはすべて養鶏家を支配するために行っていると、元大企業にいた要人の告発により明かされる。

その他、「放し飼い」の条件がわずか数十センチ、鶏小屋の外に囲いを作っただけで満たされるなど、鶏肉業界の闇を暴いていったあとで、スパーロックは店舗の内装の参考のために、様々なファーストフード店を訪れる。これは確か前作でもあったが、店内の壁や、トレーの上に乗った広告紙や、レジの上のメニュー覧等に踊る、様々な欺瞞の言葉をマーケティングの専門家達と共に紹介していく。普通のスタッフが作っただけなのに「職人」と書いていたり、「厨房で割った、割りたての卵!!」と何でもないことをよく見せたり、挙句の果てには意味すらない、「Quality!!、Service!!」などの言葉の数々(←むしろこっちのほうが潔い気がしてくる)。内壁は自然をイメージさせる植物の絵柄を多用し、包装紙も発泡スチロールからダンボールっぽい色合いの紙に変更し、巧みに「自然」を演出している。客はそのイメージだけで健康に良いものを食べたと錯覚してくれる(?)。

 

スパーロックはメニュー開発にも抜け目がない。メニュー開発の専門家に依頼し、より健康的で、オーガニックなジャンクフードの開発を目指す。 

まず、「放し飼い」で飼育された鶏をどう調理するかを検討する。グリルが一番、油が落ちるからヘルシーで健康的なのだが、街角で沢山の人達にインタビューした結果、グリルは美味しくなく、人気がないため、却下される。やはりフライがみんな好きなのだ。したがって、メニュー開発の専門家は、フライしたチキンに焼き目の着色料をつけ、それをソースと野菜と一緒にバンズで挟んだメニューを提案する。味は好評で、「これは行けるんじゃないか!」と皆で盛り上がる。

「ところで、このメニューはどれくらい健康的なのかな?」と、スパーロックがふとした疑問を口に出す。専門家は答えに窮し、あたりは爆笑に包まれる。

 

オープン当日。スタッフも雇用し、店の前には長蛇の列が並ぶ。スパーロックは客を招き入れ、自慢の「グリルド・スパイシーチキン・サンドイッチ」を提供する。客は美味しいと言ってそれを頬張り、パンフレットや店内の壁に書かれたメッセージを読む。そこには、これまでハンバーガー店を作るまでの過程で出会った、養鶏家の苦悩や食品会社の欺瞞が綴られている。レジの前には「放し飼いスペース」が設けられ、こんな狭い場所で「放し飼い」が行われていたことに客は驚く。そして客の一人がこうつぶやく。「でも、こんな真実を暴いちゃったら誰も外食しなくなるんじゃないの?」

スパーロックはその疑問に困ったような表情を浮かべ、何も返答できず、映画は幕を閉じる(ほんとはその後のクレジットで養鶏家の後日談とかあった)。

 

 

 

最後のお客さんのつぶやきは「お前はファーストフード店を本気でやる気ないよね?」って言っていると思ったのだが、確かに上に書いたような改善点?をすべて全うしようとしたら、ファーストフード店なんてまともに経営できないんだろうと思った。焼き目の着色料も禁止、遺伝子組み換えも鶏の虐待(成長速度が早すぎて、心臓発作や骨が内蔵を突き破って死ぬことがある)だから禁止、放し飼いも、もっと広いスペースで行う(室内用の遺伝子組み換えの鶏は、太陽光を浴びすぎると死ぬ)、これらをまともにやろうとすると、鶏肉の原価が高くなって、ハンバーガーが高くなりすぎて(なおかつグリルで鶏肉がパサパサになって)、誰も食べに来ないよねって話。ファーストフード店自体が、上で書いたような鶏の犠牲の上で成り立っているかもしれない、ということで今日のところは終わりにします。

 

 

 

 

「アイ・アム・マザー」を見た。

昼に起きて、昼ご飯を食べてまどろんだらもう午後二時。
そこから暇つぶしにPS4のゲームのワゴンセールを見て、安いゲームが面白そうかyoutubeなどで検索して、調べる作業で午後四時。結局、「グランドセフトオート5」を二千円で購入した。そのゲームをダウンロードしつつ、ネットフリックスで「フラット・ライナーズ」を見る。エレンペイジが出てる映画は面白いのが多い印象なのでたぶん面白いでしょう。

昨日は、これまたネットフリックスの映画で「アイ・アム・マザー」を見た。育児用ロボットにシェルターの中で愛情豊かに育てられた少女は、外界から助けを求めにやってきたおばさんによって、育児用ロボットの本当の目的を知る。ロボット(マザー)は人類が絶え間ない殺し合いの果てに自らを破滅に追い込むのを見かねて、シェルターの中で人類を再教育することにして、その一環として少女を教育していたのだった。そして少女の前にも何人もの人を教育してきたが、基準に満たないものは焼却処理していた。そのことに反発を覚えた少女はロボットの阻止をかいくぐって、おばさんに導かれるままに外の世界に出る。外の世界は先述通り、ロボットに支配されており、荒廃した世界がどこまでも続いている。(まあ、そこからいろいろあって)少女はシェルターの中に置いてきた弟を取り戻すべく、シェルターに戻ることを決意。マザーに私が弟を育てると宣言する。マザーはその少女が唯一基準を満たした、信頼できる人間であると考えている。最後の決めセリフに「私が必要ないなら殺して」とロボットは言い放ち、少女はロボットに向けたピストルの引き金を引く。

 

親殺しがテーマの映画で、物語の形式上?、最後にロボットを殺さなければならなかったようだけど、あれだけ理解ある賢いロボットなら共存できる可能性も十分にあったんじゃないかと強い疑問を感じた。外の世界でさんざんロボットにひどい目にあわされてきた(殺されかけてきた)おばさんは、ロボットが傷の手当てをしようとしても激しく反発したが、結局ロボットの知識と薬によって見事に治療された。ロボット自体が人類と共存するために、賢い人類を生み出そうとしているのに、それが生み出された後で、「私を殺して」と言うのは理解できなかった。

 

まあ、理性的なロボットが人類を家畜化して、基準に満たないものはロボットの手で殺処分される世界だけど、人類が互いに殺し合って、自滅していった経緯を見ていれば、(間違いなく殺処分される僕のような立場でも)納得しちゃうんじゃないかと、映画を見終わったあとちょっと思った。

自堕落すぎるGWを送っている。なんとかしたい。

 

映画:フラットライナーズ

https://bd-dvd.sonypictures.jp/flatliners/

 

映画:アイ・アム・マザー

https://filmarks.com/movies/84277

 

「浮き草たち」を見た。

「浮き草たち」という映画をさっき見た。

簡単に言うと、アメリカのギャングの手下の仕事を、服役中の兄貴の代わりに請け負った弟が、仕事(荷物の受け渡し)を失敗し、運転手役として来ていた女の子となんとか仕事のケリをつけ、報酬を受け取り、それぞれの生活に戻っていくのだが、女の子の方が悪党とまだ手を切れず、悪党のもとへ返したくない弟が彼女を引き連れて逃亡生活を始める、という内容だった。

はっきり言って、恋愛を見せたいだけの映画だった。荷物の受け渡しに失敗し(別の人の荷物を受け取ってしまい)、実際ならギャングの手下から相当の脅しやら叱責が飛んでくるはずなのに、まったくなしで、取り違えた荷物の中から見つけた薬の処方箋の住所の家で、男は髭を剃り、女は優雅にドレスアップして、出かける始末。完全にデートである。それで別人に渡した荷物を取り返して悪党のもとへ届けるのだが、そのシーンも緊張感まるでなし。悪党は荷物が戻ってきたことに安堵の笑みを浮かべ、本来、渡すべき人だった人のところへ二人を車で送り届ける。それで、荷物を渡して、すんなり報酬を受け取り、女の子は悪党のもとへ帰ろうとするのだが、弟は帰したくないから引き止め、二人で逃亡生活を始めるというところで映画の幕が閉じる。なんというか、決して妬みではない(確かに女の子はめちゃ可愛かった。)と信じたいのだが、こういう映画って悪党がプレッシャーをかけるから成立することない?恋愛に発展する要所要所で、悪党が邪魔をしてきて、それを乗り越えようとするから燃えるんでしょ?ほとんどなんの障害もなく、楽々と恋愛が成就する物語の、どこに共感を寄せればいいのか、皆目見当がつかなかった。

確かに女の子は可愛かった。アホな弟をからかう女の子の嘲りの表情も可愛かったし、時折、冴えたことを言う弟に感心する女の子の表情も可愛かった。というか、すべてが可愛かったのだが、ストーリーとしては共感できるポイントもなかったし、展開も丸見えで、何を意図して作ったのかまるで謎な映画だった。

 

浮き草たち

https://eiga.com/movie/85685/

 

 

※そういえば、三十歳になりました。

『デイズ・ゴーン』と『龍が如く7』の感想

ゲーム三昧の日々を送っている。一昨日くらいに龍が如く7を80時間くらいでクリアして、次は年始のセールで買った、「デイズ・ゴーン」をやっている。デイズ・ゴーンはラスト・オブ・アスみたいなゾンビゲームで、かなり好きだったラスアス続編が出るまでこれをやっておこうと思って買ったのだが、続編が予想以上に早く出るみたいで、買わなくても良かったかなとちょっと思った。だが、今日一日中、『デイズ・ゴーン』をやっていてけっこう面白いので後悔はない。基本はゾンビゲームで拠点を回りつつ、ソンビを殺すのだが、ゾンビがいる場所までのバイクでのツーリングが楽しい。高い場所から落ちたり、岩にぶつかったりしたら、すぐにバイクがだめになって、手押しか、高額なお金を払って修理工を呼ばなくてはならないので、すごく丁寧な運転を要求される。また?、たいていの道は高低差と急カーブの多い険しい道で、かつ至るところにゾンビがいるのであまりのんびり運転することもできない。オープンワールドの移動はダレるのが定番だが、このゲームに限ってはそれがない。移動も緊張感満載である。ただストーリーは、いまのところ、単調。

龍が如く7』は先月の自宅待機しているときに、あまりにすることがなくて、買ったゲームだ。前々からネットではよく見かけていて、職業選択が可能でダンサーになれたり、ホームレスになって空き缶拾いができたり、会社経営ができたり、ヤクザゲームという枠?に縛らなれない、自由奔放なゲームという印象で、いつかやろうと思っていた。それでまあ、一昨日クリアしたわけだが、結論から言うと、めちゃ面白かった(ストーリーはちょっと出来すぎている感があったが)。

またいつもの流れでゲームのあらすじを書くと、主人公の春日一番は元荒川組の組員で、荒川組の若頭が犯した殺人の罪を肩代わりして十八年刑務所に入れられる。罪を肩代わりした理由は、春日が荒川組の組長である、荒川真澄に非常な恩義を感じており、その組長から頼まれては断れなかったからである。
そして十八年の刑を終えて、出所した春日は組長に会いに行く。

 

ちょっと眠いので続きは次回にします。おやすみなさい。

 

 

「ナイスガイズ!」を見た。

主人公のライアンゴズリング扮する私立探偵は、老人ホームを回って、ぼけた老人を相手に高額の依頼料をせしめている。

ある日、探偵は姪の行方が分からなくなったという老婆の依頼を受ける。その老婆の姪は有名なポルノ女優で、何日か前に交通事故で死亡したのだが、老婆は遺品整理のために姪の家に行ったら、死んだはずの姪がいて、すぐさま車で走り去ったという。探偵はいつものぼけ老人の依頼だと判断し、依頼料目当てに調査に乗り出す。調査を続けていくうちに、姪は死亡する直前まであるポルノ映画の撮影を行っていたことが判明する。その映画で共演していたのがアメリアという大物政治家の娘で、そこから話は自動車産業にまつわる、政府の陰謀と複雑に絡み合っていく...

 

話が複雑で、途中で誰が誰なのか分からなくなってきたのでメモを取りながら見た。最後の「首をとっても誰かが代わりをやる」というセリフと、「このままではデトロイトが大変な目にあう」というセリフが単純なハッピーエンドにしてない感じがよかった。映画の舞台が70年代のデトロイトで、実際にその後、大変な目にあっているわけだし。

 

 面白かったです。

ナイスガイズ!(字幕版)

ナイスガイズ!(字幕版)

  • 発売日: 2017/05/15
  • メディア: Prime Video
 

 

豪華なおせち

突然の契約打ち切りにより、客先常駐の派遣会社から自宅待機を命じられた。 次の現場はもう決まっているが、今月の半ばまで自宅待機することになった。

自宅待機している間の給料は払ってくれるらしい。なぜ契約打ち切りになったかは、納期通りにプログラムを仕上げられない、技術力がないということを客先から言われたから。まあ、当たってはいる。

確かに納期通りに仕上げられなかったし、技術力もない。いちおう完成間近まで持っていったのだが、当初二週間と言われていた納期を、仕様変更がいろいろあったとはいえ、一ヶ月まで延長してもできなかった(あと一機能だけだったから、数日あればできたと思ってるんだけど)。実力不足は明白だ。

しかしそれというのも、派遣会社が僕の経歴を実際は八ヶ月ちょいしかないにもかわらず、二年に盛ったからで、派遣会社がそれをする理由は、単価を上げたい(※1)のと、現場に入れやすくしたいからだ。でも客側としては単価分のパフォーマンスをしてほしいと思うわけだから、そのしわ寄せは確実に僕のほうに来る。つまり架空の、輝かしい二年の経歴と実力の落差を埋める努力を僕は強いられるはめになる。それが今回、風船がパァーンと割れるように破綻したわけだ。

 

まあ、派遣会社も突然、契約を切られてダメージを受けているわけだが、僕の目からしたらそれは自業自得でしかない。だって、あなた達が経歴を盛れと命令して、盛った経歴で高い単価の現場に入れたんだから。ボリューム満載で新鮮な料理がたくさん詰まったおせちの宣材写真で客に高いお金を払わせて、実際届いてみたら、ほとんどすっからかんの食べかけが届いた事件が昔ありましたよね。(自分の心をえぐって逆に辛いが)あれと同じですよ、あなた達のやっていることは。

 

しかしIT業界に入って短い期間で立て続けに、偽造請負、研修費返還、経歴詐称とトリプルコンボを食らっているので、IT業界はほんとに腐っているのかもしれない。僕が腐っているという意見があるかも知れないが、健全な業界だったら腐ったものをそんな何度も入れないでしょう。

 

まあ、開き直って自宅待機を満喫しますよ。↓こういうスレ見ると心が安らぐ。

 

https://kohada.5ch.net/test/read.cgi/prog/1289192383/

 

※1.経験年数が多いほど、なぜか実力があると見做される。

街コンとは

なんの共通点もない人たちが鳥かごの中に詰め込まれて、マッチングという、何なのかよくわからないものを目指して一喜一憂する。

いや、一憂さえしないのかもしれない。なぜならたとえ、誰ともマッチングしなくても「だめだったわー、てへっ」と仲間内で慰め合えば、それで済むからだ。
その反面、マッチングしても付き合える保証はない。途中で連絡が途絶えることもあるし(今日あった)、一度会っても「街コンのときと印象が違う」という理由で疎遠になることもある。

すなわち、マッチングとは街コン業者が提供する、恋愛のための、なんの拘束力も権限もない保証書のようなものだ。
その保証書を獲得するために、男は平気で五千円を払うし、女性もその半額のお金を払う。

まあ、紙すらもらえないから保証書という例えは間違っているのかもしれないが(ただの、運営者による口頭の宣言)。

とりあえず何が言いたいかって言うと、お見合いとか結婚相談所とか昔から色々あるけど、そのカジュアル版とも言うべき街コンはそのカジュアルさゆえ、仮想通貨ばりの空虚感が伴うということです。まあ、結婚相談所とか行ったことないけど、ああいうガチめのものはダメだったときにちゃんと痛みがあるから、健全なんじゃないですか。

いや、でも、恋愛の痛みは普通の痛みと違って強烈だから、ないほうがいいかもしれん。そのため保険代として街コン代を考えてみるのはどうだろうか。。

と、ムリヤリ考えようとしたけど、普通の出会いと街コンでの出会いでそんなに精神衛生上のリスクが違うかって言われたら、まあ、赤の他人に初めて会って白黒つけられるだけだから、軽いってだけで、その分思い入れがなく、リターンも少ないわけだから、なんだかよくわからない。保険の専門家で暇な人は考えてみてください。

というか、そもそも街コンは保険商品じゃないから、考えるだけ無駄か。

 

出会いって何なのだろうか。小学校や中学校もあそこで恋愛が発生して、結婚することもあるのだろうから、街コンが提供するような「出会いの場」と考えることができる。
でも学校では「好きな異性のタイプ」を聞かれたり(←?)「告白タイム」がないから商品化されていないわけだ。なぜ、好きな異性のタイプの質問や告白タイムがないかって言うと、「学びの場」だからだ。でも学びの場でも恋愛が起きるってことは目的の混同はよく起きるってことで、人が集まれば恋愛も起きるってことで、とりあえず眠いんで寝ます。
おやすみなさい。